BLOG

北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。


CDや音源を聴きながら譜読みをする事って多いと思います。勿論私もやります(^^)

今日は「音源を聴きながら」譜読み(練習)する時の注意点についてです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

クラシック音楽を聴く事が大好きで色々な曲をよく聞かれている大人の生徒さん、Nさんのレッスンでの事。

Nさんは教則本に付いているCDも必ず毎日聞かれているそうです。なので新しい曲も「何となく」分かっています。何となく弾けます。

一所懸命練習されてきますが、あれれ?先生と一緒に弾くと合わない。先生の手拍子に合わせる事が出来ない。

家では弾けたのに…。と、Nさん。

この「何となく弾ける」って曲者です。
《何となく弾けるをそのまま続けたら、どうなるか?》これはまた改めて。

初級の子供さんのレッスンでは、先ず初めに「たんうん(リズム)の確認」、その後にドレミをします。

基本となる音符、例えば…4分の4拍子だったら、4分音符。8分の6拍子だったら、8分音符といった様に、その曲の基本となる音符を1として、歌いながら若しくはドレミで読みながら手を叩いてみます。

(分数を習っていない子は、その曲の中の1番小さな音符を1として考える事もあります)
 
同じ事をお家でもやってきて貰います。
お家ではお母さんと、レッスンでは先生と歌いながらやるって楽しいそうですよ。

一回で出来たら拍手♪
出来なかったら、その箇所の確認をします。そしてもう一度挑戦して、出来たら拍手♪
何度かやっても出来ないリズムは、脳に入っていないだけですから、もう一回やってみる。

この繰り返し。

自分のモノになったリズムは、自分にとって得意のリズムになります(^^)v

大人の方も初級の頃は同じ様にレッスンでもお家でもやって頂きます。照れ屋の大人の方にはレッスンでは私が1人で歌い、その歌に手を叩いて貰います。(これは私が恥ずかしい)

慣れる迄時間はかかりますが、これをやってから、ヴァイオリンで弾いてみる。

リズムを考えながら、ドレミを確認しながら、弾く。これって本当に難しいです。 



赤あげて!赤下げないで白あげて!
このゲームの様なものです。

CDや音源を聴きながらの譜読みは悪くありませんよ。ただ自分の力でリズムやドレミの確認もしながら、バランスよく譜読み出来れば譜読みの力は、どんどんついていきます♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ


以下のどちらかでの方法でお願い致します。
1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信

2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」

北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。

ヴァレンタインデーですね♡
今日のレッスンの方には、チョコのプレゼントがあるかも…(^^)

第4・5ポジション…第6・7ポジションと出てくると「親指の位置をどうしたら良いですか?」と質問を頂きます。

ポジション移動の際、肘主導で親指と1の指(人差し指)を動かしていきますが、皆さん中々イメージが難しいご様子。


↑ドアノブを使って説明してみました。連動するのがイメージして貰えた様ですが、blogに書くと「ん?うーむ。」ですね^^;

改善してみます。

ポジション移動が確実に出来る様になれば、今よりワンランク難しい曲にも難なく挑戦出来ますもんね(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ


以下のどちらかでの方法でお願い致します。
1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信


2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)

※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」



北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。

第3ポジション(サードポジション)までは、難なく進めたMさん。
『新しい曲に第4ポジションが出てくると突然難しく感じます。「暗中模索です」』と。


何が難しく感じるのか聞いてみると、
・弦が移った時の音の並びがあやふや。
ポジションが変わるともう何が何だか…。
・半音、全音の関係が何となく分かっていたがあやふや。と。

初級の頃は曲毎に運指表を楽譜に書いて説明しますが、「何となく」頭に入っている状態・理解している「つもり」になっているのかも知れないですね。

それならば、音の並びを明確にする為に!と、生徒さんと運指表を作ってみる事にしました。


↑Mさん作
Mさんだけでなく、
・何となく弾けていたが曲が難しくなると指が咄嗟に動かない。
・楽譜を見ても正しい所に指を置けない。
・ハイポジションの音に飛ぶのが怖いから、躊躇する。

こんな声を色々な所で聞きます。そして「ハイポジションに突然飛ぶ時のコツは?」とも聞かれます。

かく言う私もそうでした。

怖いから苦手な音は弾いているフリしたり、カケで音を出すと外していて顰蹙だったり…

百発百中正しい場所に飛べる(お引っ越し)練習の前に、先ずは現住所や引っ越し先、お隣近所の地図・関係性を頭に入れる事からだなと。

と言う事で、「私は誰?ここはどこ?」状態から抜け出してみる為に運指表(地図)を作る事にしました。


↑例
行きたい所に行く為には地図・カーナビがないと到着しませんもんね。



音階の練習の前に、その調の運指表(地図)を確認する(意識する)のも良いですね!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ


以下のどちらかでの方法でお願い致します。

1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信
2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」





北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。


昨日の夜に敦仁先生のもとへアイルランドからメールが届きました。

大学を卒業後、フィドルを学びにアイルランドへ飛んだ元生徒さんからの近況報告&アイルランドの風景を添付してくれたメールです。


大学受験まで当教室でヴァイオリンを続け、東京の大学では音楽とは違う分野を学んだ彼女。

大学のオーケストラ部にも所属してヴァイオリンを続けていました。

趣味として大学オケやアマオケ(アマチュアオーケストラ)などで生涯ヴァイオリンを楽しんで欲しいな!と願っている私達講師はそれだけで喜んでいましたが…

フィドルの道へと進むとは!びっくり!
(ヴァイオリン、フィドルと呼び方は違いますが同じ楽器で、これからも繋がっていける事が嬉しいです。)


楽譜ではなく師匠からの口伝で学ぶフィドルの世界。言葉を音に書き換える世界。

聴覚からだけで再現していくのは苦手な私にとって、ただただ尊敬です(^^)

私も今、自分のこの部分を育てていこうと取り組んでいるところですので、彼女は私にとって先行く存在、光です。

初級クラスで私が。そして中級からは敦仁先生のもとでヴァイオリンを学んだ彼女がこんなに大きくなって…と何だか感慨深いものがあります。

教室のblogを書き始めてまだまだ数日ですが、当教室に通って下さっている生徒さん達や元生徒さん達が如何に輝いているのかを改めて認識しました。

生徒さん達の、ヴァイオリンだけでなく色々な事を頑張っている姿を見せて貰える事は講師冥利につきますね。

私も、生徒さん達に負けぬ様に頑張ります✨

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ
以下のどちらかでの方法でお願い致します。
1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信

2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」


北九州八幡・久留米のヴァイオリン教室
「藤松ヴァイオリン・スクール」です。

当教室のInstagram開設致しました↓↓↓
宜しければご覧下さいね(^^)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

初Instagramの写真は福岡教室でのレッスン風景です。

Hさま、ご協力有難うございました(^^)
福岡教室の会場は福岡市中央区警固にあるクローバルホールです。

詳しくは、当教室ホームページの「地図・アクセス」↓↓↓をご覧下さいませ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ」

以下のどちらかでの方法でお願い致します。
1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信
2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」

北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。

レッスン前の紅茶やコーヒーでのお喋りタイムは、(先生と生徒さん)お互いの質問タイムでもあるのですが、よく聞かれる事の中にあるのが「先生がヴァイオリンに興味を持ったきっかけは?」です。


私が「ヴァイオリン」に憧れを持ったのは、幼稚園の頃、テレビのオーケストラの番組を見てからです。

コンサートマスターが1人立って調弦する姿と、その音に瞬時に心を奪われました。

コンサートマスターが弾いている楽器「ヴァイオリンを弾いてみたい!私も調弦してみたい!」と。これがきっかけです。

今でもコンサートマスターの調弦する姿はドキドキします♡

生徒さんにも同じ質問をしてみると…

・華やかで、そして柔らかいヴァイオリンの音に憧れて、自分でも美しい音を出してみたかった。

・クラスの憧れの女の子が習っていたのが羨ましくて、大人になったら自分もやるんだ!と決めていた。

・テレビで葉加瀬太郎さんを見て「情熱大陸」を弾いてみたいと思ったから。

・子供にヴァイオリンを習わせたけど、続かなくて辞めてしまった。でも家に眠るヴァイオリンが勿体なくて。

・簡単には弾けないだろうな!と思い挑戦してみたかった。

・学校にオーケストラが来てくれて、ヴァイオリンが1番素敵だったから!

・勤務校の卒業式で生徒達にプレゼントしたい曲がヴァイオリンの曲だったから。
等々、色々出てきます(^^)


「ヴァイオリン」
この響きが気になった時が習い始めるきっかけかも…♡

先ずは体験レッスンで楽器に触れてみませんか?
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室
「藤松ヴァイオリン・スクール」

093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中はお電話に出れない場合があります。留守電にメッセージと電話番号を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。








前回「左手の形が大事」
と書きました。

左手の形は全く特殊ではありません。

まず、力を抜いて左手を下ろし、
軽く「グー」をしてみて下さい。

親指は何処にありますか?

そのまま力を入れずヴァイオリンの構えをしてみましょう。
楽器は要りません。

どうです⁇

綺麗な形になったでしょ😄


音階の練習。
ある意味「修行、苦行」

ヴァイオリンはフレッドや鍵盤がありません。

しかも自分の指を正面から見る事が出来ません。

必要な事は…

左手の形です。

指が指板や弦に当たる角度がいつも一緒になる事。

これが第一歩です。

まず、左手の形を確認しましょう。
3月末に久留米から引っ越した生徒さん。

新しい生活にも慣れて今月から福岡教室に復帰です。

また一緒にヴァイオリンが出来る。
happyな気持ちですね。

一緒に頑張りましょうね。

左手の形のおさらいです。

親指の位置が正しくないと…


小指に負担がかかり手の形がいびつになります。

親指の位置が正しければ…


手の形も綺麗で小指も負担がかかりません。

親指の位置のほんの少しの違いで、随分楽になります。

続きは又レッスンで。


ヴァイオリンの左手の形。
これがちゃんと出来ないと、音程が悪くなったり、速い動きに対応出来ない、左手が痛くなったり等々良い事はありません。

でも、難しいですね。

左手の親指の位置をどうするか?
正しい位置に置けば、変な力は入りません。

普通に軽く手を握って、そこにネックを入れる。

ただそれだけです。

でも、いざヴァイオリンを構えると力が入って難しい。

な〜〜んにも考えず、リラックスして持って下さい。
鏡やスマホ等を使って確認して下さい。

まずはそこから。
レッスンでチェックしましょうね。
職場の保育所のお祝いイベントに、保育士の先生方10数名で演奏のプレゼントをされる事になった生徒さん。

貰ってきた楽譜が「クラリネット譜」…。
ピアノやヴァイオリンの楽譜で「ド」と書かれているのが、B♭管のクラリネット譜だと「レ」と書かれているんです。

つまり、クラリネット譜に「レミソ」と書かれているとヴァイオリンでは「ドレファ」と弾かないといけない。

これは書き換えないと弾き辛いので、楽譜を書き換える事に!
そして、弾き辛い箇所はアレンジしちゃえ♪と演奏し易い様に、楽譜を生徒さん用に書き換えました。

「先生、さすがです!嬉しすぎます♡
ピアノで弾いてみましたが、超カッコいいです!楽譜もとっても見やすくって♡
ありがとうございました。
頑張って練習します!」と嬉しいメッセージを頂きました。

次回のレッスン迄、練習を頑張って来られるとの事。折角ヴァイオリンのレッスンを受けているのですから、レッスン以外の曲をどんどん演奏して欲しいです^ ^

保育所の子供達も先生方の演奏を大喜びする事でしょうね♪

先生ファイトー!!