講師プロフィール

藤松 敦仁 Atsuhito Fujimatsu 


福岡県久留米市出身。

西南学院高校を経て武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。

山形交響楽団第2ヴァイオリン首席。

関西フィルハーモニー管弦楽団第2ヴァイオリン首席代行を歴任。

1997年退団後、名古屋、大阪、広島、九州各地でオーケストラ、室内楽を中心に活動している。

1998年から2013年までNPO法人響ホール室内合奏団に在籍。

第2ヴァイオリン首席を務める。英国公演、ソウル国際音楽祭に参加。

オーケストラメンバーとして博多座、梅田コマ劇場、中日劇場において大地真央主演「マイフェアレディー」「風と共に去りぬ」「ローマの休日」一路真輝主演「エリザベート」等に出演。

ウェル戸畑「ウェルカムコンサート」を長年にわたりプロデュース。

ヴァイオリン、ピアノ、ベース、ドラムの4人ユニット「Perfect☆Note」を結成。 クラッシック、ジャズ、タンゴ、昭和歌謡などを独自にアレンジして、これまでに鍵盤ハーモニカ、津軽三味線、ダンス、マンドリン、ジャズシンガー、馬頭琴奏者等と共演して多くの聴衆を魅了している。

ヴァイオリンを、故松村英夫、山中光、

ロバート・ダヴィドヴィッチの各氏に、

室内楽をウィリヒ・コッホ、J・ツェグレディの各氏に師事。

西日本医科学生オーケストラ等でトレーナーを務める。

北九州、福岡、久留米で「藤松ヴァイオリン教室」を主宰して後進の指導にも力をいれている。

日本クラシック音楽コンクール審査員。

九州交響楽団、アン・デア・福岡、シンフォニエッタ福岡等でも演奏している。

「音楽工房ボヌール☆ビューロー」代表。

特定非営利活動法人 「九州フィルハーモニー管弦楽団」理事兼コンサートマスター。

「STEP Festival Orchestra」コンサートマスター。

「九州室内合奏団」ヴァイオリン奏者。

藤松純子 Junko FUJIMATSU

梅光女学院高等学校音楽科卒業。在学中に韓国のコンサートに出演。

国立音楽大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。

同大学のソロ・室内楽定期演奏会オーディションにヴァイオリン二重奏で合格。同演奏会に出演。

ドイツArnsbergにてマンフレート・ヘル氏の夏期講習会に参加。修了演奏会に出演。

H9,10年の北九州芸術祭出演。

1998年から2013年まで響ホール室内合奏団に在籍。英国公演、韓国ソウルの国際音楽祭に参加。

ヴァイオリンソロでのおしゃべりコンサートや、

太棹三味線(津軽三味線)・ヴァイオリン・ピアノの和と洋のユニット「95strings」をはじめ、

モンゴル出身の馬頭琴奏者ドラン氏を中心とした「ドラン馬頭琴楽団」、

室内楽やオーケストラ等、様々な形態で活動。

中でもグランドハープとの「五感を巡る」シリーズのコンサートは毎回好評を博している。

西日本文化協会主催の九州の僻地や離島の学校での学校公演プロジェクト、

短期大学、専門学校の保育科の講師として積み上げてきたスキルや3人の子供の母親としての経験を生かしたベビーや未就園児の為のコンサート「宗像ユリックス主催のすくすくコンサート」等のアウトリーチ活動にも力を注いでいる。

北九州・久留米の藤松ヴァイオリンスクール

麻生医療福祉&観光カレッジ北九州、東筑紫短期大学非常勤講師

フラクタル心理学アドバイザー