音階の練習。

音階の練習。
ある意味「修行、苦行」

ヴァイオリンはフレッドや鍵盤がありません。

しかも自分の指を正面から見る事が出来ません。

必要な事は…

左手の形です。

指が指板や弦に当たる角度がいつも一緒になる事。

これが第一歩です。

まず、左手の形を確認しましょう。

北九州・久留米「藤松 Violin School」

北九州・久留米・福岡にあるヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000