運指表

北九州八幡、久留米のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」の藤松純子です。

第3ポジション(サードポジション)までは、難なく進めたMさん。
『新しい曲に第4ポジションが出てくると突然難しく感じます。「暗中模索です」』と。


何が難しく感じるのか聞いてみると、
・弦が移った時の音の並びがあやふや。
ポジションが変わるともう何が何だか…。
・半音、全音の関係が何となく分かっていたがあやふや。と。

初級の頃は曲毎に運指表を楽譜に書いて説明しますが、「何となく」頭に入っている状態・理解している「つもり」になっているのかも知れないですね。

それならば、音の並びを明確にする為に!と、生徒さんと運指表を作ってみる事にしました。


↑Mさん作
Mさんだけでなく、
・何となく弾けていたが曲が難しくなると指が咄嗟に動かない。
・楽譜を見ても正しい所に指を置けない。
・ハイポジションの音に飛ぶのが怖いから、躊躇する。

こんな声を色々な所で聞きます。そして「ハイポジションに突然飛ぶ時のコツは?」とも聞かれます。

かく言う私もそうでした。

怖いから苦手な音は弾いているフリしたり、カケで音を出すと外していて顰蹙だったり…

百発百中正しい場所に飛べる(お引っ越し)練習の前に、先ずは現住所や引っ越し先、お隣近所の地図・関係性を頭に入れる事からだなと。

と言う事で、「私は誰?ここはどこ?」状態から抜け出してみる為に運指表(地図)を作る事にしました。


↑例
行きたい所に行く為には地図・カーナビがないと到着しませんもんね。



音階の練習の前に、その調の運指表(地図)を確認する(意識する)のも良いですね!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

体験レッスンのお申し込み・お問い合わせ


以下のどちらかでの方法でお願い致します。

1:ホームページのお問い合わせフォームにて記入送信
2:お電話 ☎︎093-663-3923 (10:00〜21:00)
※レッスン中、演奏仕事中は電話に出れない場合があります。留守電に①お名前 ②お電話番号 ③お問い合わせ内容・メッセージ を残して頂けましたら折り返しご連絡致します。

北九州市八幡東区・久留米市上津のヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」





北九州・久留米「藤松 Violin School」

北九州・久留米・福岡にあるヴァイオリン教室「藤松ヴァイオリン・スクール」のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000